堺市南区赤坂台のナカイデンタルクリニックを紹介

ナカイデンタルクリニック

 

住所
堺市南区赤坂台2-5-2 赤坂台近隣センター内

 

ホームページ
インプラント治療なら「ナカイデンタルクリニック」へ

 

 











インプラント治療は、まず何が大事かというと、自分に合った歯科医と歯科医院を捜すことです。この治療では、まあまあ特殊な外科的施術をしなければならないため成功例ができるだけ多い、経験(しないよりもした方がプラスになるといわれていますが、時にはしない方がいいようなこともあるでしょう)を持つ歯科医の診療をうけるようにしましょう。また、それに加えて、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども最終的に歯科医を選ぶ決め手です。骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は原則的には一生持つとされていますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当医の技量によっても変わるようです。
ろくに歯磨きもしないでいると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなってしまいます。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。治療中でも、治療後もそれとわかることはたぶんないでしょう。根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにまあまあ自然にうつり、インプラントだとカミングアウトしなければいかにも義歯だと思われることはほとんどありません。費用や期間より、見た目重視の方にとって最適な治療と言えます。願望すれば誰でも、インプラント治療をうけられるとは言えず失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨の幅が足りない」ということならば治療を断念するのは早すぎるかも知れません。
最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療可能になっています。



通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を調べ、 相談して下さい。
どんな問題がインプラント治療にあるかを聞いたことがあると思います。その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をし立とき金属部分が反応してしまうといった口コミがあったかも知れません。
それは気にしないで下さい。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を造ることです。


金属があれば、そこは乱れて映ります。



インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応しない性質を持っていて検査で問題になることはまずありません。
新たな歯科治療の形として注目を集めている治療法であるインプラント。

ですが、留意すべき点もあるのです。


何かと言うと、インプラント治療をうけられる人は限られていることです。どういう方が治療をうけられないか簡単にご説明しますと、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラント治療をうけられなかったり、準備に時間がかかるかも知れません。どんな方にもインプラント治療が良いわけではありません。

インプラント以外の治療はできないという患者さんがうける治療です。周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由で必然的にインプラント治療になる患者さんが多いでしょう。インプラントは入れ歯に比べ、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。どんなインプラントも虫歯の危険性は全くありませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスを忘れることはできません。ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を起こしているかも知れません。
さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察をうけましょう。
年々利用者が増えてきたインプラント。
その施術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨にフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。
旧来の入れ歯と比べた場合、自分の歯のように自然に食べ物を噛向ことができ、見た目も義歯とは分かりません。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの高レベルの医療技術を欠かすことは出来ません。そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

治療を始める前に必ずしるべ聞ことですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原因です。現状では最低線が十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用が数倍にもなる可能性があることを覚悟した上で始めなければなりません。



虫歯をひどくしてしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。
ブリッジという選択肢もありましたが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラント治療に決めました。



保険が聴かないため、高額になりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。

インプラントで噛むようになり、しばらくして違和感なく噛むことが可能であるようになり私の場合は、インプラントが最適でした。


虫歯の危険性は、インプラントにはないですよねがメンテナンスをしなくて良いとは誰も言っていません。
傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。自分の歯のお手入れと同じように歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、まずは口腔内をきれいに保って頂戴。
その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをして貰えば完璧です。残念ながら、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。



医療費控除の対象なので、ぜひうけましょう。



医療費控除をうけようとすれば、確定申告の期間中に収入から医療費を控除されます。

確定申告で忘れてはならないのは歯科医で発行した領収書は医療費の支払い証明になるのでなくしたらお終いのものとして保管しておくことをすすめます。



インプラント治療を初める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認して頂戴。
これまでに歯周病とか顎関節症(歯を食いしばる、歯軋りをする、ストレスが溜まっている、左右均等に噛んでいない、体の使いグセによる体の歪み、噛みあわせ、外傷などが原因だといわれています)の経験があれば、治療以前に既往症を完全に治しておくことが必要条件(他人に要求する時は多く、自分に要求される時には少なくと考える人が少なくないでしょう)です。美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。

今は、このような病歴があるからといって治療できないといわれる可能性は低いため不安がなくなるよう歯科医に相談して頂戴。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。
仮歯を入れた後、義歯だとわかることはたぶんないでしょう。
歯茎から生えているので、みためも自分の歯に近く義歯に見えない自然さでインプラントだとカミングアウトしなければもしかしたら義歯かと思われる心配もまずないと思って良いでしょう。前歯など、自然に見せたい歯の場合はお勧めしたい治療法です。どんなインプラントも当然、虫歯にはなりませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。



長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングはずっと続きます。



ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。



放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察をうけましょう。



他の歯科治療と、インプラント治療が大聞く異なるのは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、あごの骨にインプラントを定着指せるので何らかのワケでインプラントと骨がなじまず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再度、大がかりな手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療をすすめようとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術と結構の手間がかかるためです。インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントと周りの歯がなじんで上手に噛めるようになるまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。それではどこまで保険適用にするかもむつかしい問題で、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。チタンの他、セラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材を用いているのです。
ほとんどのインプラント治療は保険が聴かず、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大聞くなります。余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方がベストだと思っています。インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には多くの場合、セラミックが使用されています。
これは文字通り陶器でできた人工歯であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、実際に義歯を創る歯科技工士の技術によるのです。

人工歯の制作には、高い技術と美的センスが必須になってきます。


いわば一点一点がオーダーメイドですから、インプラントに用いるセラミックの義歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。