大阪府松原市三宅中のいなだ歯科を紹介

いなだ歯科

 

住所
大阪府松原市三宅中1丁目2-25

 

ホームページ
インプラント治療なら「いなだ歯科」へ

 

 













治療を断念する方もいるくらい、インプラン(考えや構想をいうこともあります)ト治療は治療全体を通して、相当な出費になります。
この治療が保険適用になるのはごく少数例で、一般的なケースではなく、普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を強いる原因です。どんなに安い治療を選んでも十数万円、困難な治療が含まれると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを重々承知しておいて下さい。


手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラン(考えや構想をいうこともあります)ト治療が終了しても歯科医の指示に従ってメンテナンスをうけなければならずその費用もみておかなければなりないのです。多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導をうけます。この定期検診に必要なお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円程度かかることが多いです。特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の出費は必要です。

インプラン(考えや構想をいうこともあります)ト治療を始める前にチェックすることとして、インプラン(考えや構想をいうこともあります)トの土台となるあごの骨に問題がないか調べて下さい。特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラン(考えや構想をいうこともあります)ト治療ができるあごの骨を確保するのは必須です。また、美容整形(受けたことがバレてしまうと、偏見の対象になることも少なくないようです)であごの骨に手を加えた方も事故を引き起こす可能性が増します。

持ちろん、こうした既往症があるだけで絶対治療できないとは言えないのです。まずは歯科医に全て話しておきましょう。この治療のメインとなるインプラン(考えや構想をいうこともあります)ト埋入手術では、持ちろん部分麻酔が使われますが、入院する必要はまずありないのです。
糖尿病や心疾患(原因がはっきりしないことも多く、治療法がみつかっていないものも少なくありません)などの既往症があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。
加えて、インプラン(考えや構想をいうこともあります)トを支えるのに十分な骨の量がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。貴方の腸骨などを削って、移植する手術だと、大がかりな手術を入院してうけることもあります。

これらのどこかに当てはまる方は治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラン(考えや構想をいうこともあります)トは、各パーツがどのように繋がっているかによって、以下に示す何通りかに分かれています。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているものが1ピースタイプです。


他に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。


この2ピースタイプはさらに、パーツ同士の結合部の形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。インプラン(考えや構想をいうこともあります)ト治療は多くのケースでとても有効ですが、そのマイナス面も知らなければなりないのです。



まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。


治療の内容や、インプラン(考えや構想をいうこともあります)トの材質によっては数十万円かかることも覚悟して下さい。アトは、治療が失敗し立とき、かなり深刻な問題が起こることもあるデメリットも忘れないで下さい。

ごくまれなことですが、死亡事故も実際に報告されています。歯科治療とは言え、インプラン(考えや構想をいうこともあります)ト埋入手術の後は、極力安静を保って生活を送って下さい。普段よりも静かに過ごすようにして日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらくおこなわないようにしましょう。
傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

運動を毎日のように行っている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておけばベターです。「インプラン(考えや構想をいうこともあります)トって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。差し歯は、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。


そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。


一方、インプラン(考えや構想をいうこともあります)トは原理が全く異なります。


これは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、気にせず行えるのが最大の特性であるといえます。

歯科治療で手術をうけたことがない方には、インプラン(考えや構想をいうこともあります)ト埋入手術はどんな痛い手術なのだろうと思うかも知れないのです。



インプラン(考えや構想をいうこともあります)ト埋入手術をうけても、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありないのです。切り開くあごをまんなかに、麻酔を十分効かせて手術の本番に入るためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかも知れないのですが痛みに備えて、頓服薬を処方されるので痛みを我慢できないというケースはほとんどありないのです。

インプラン(考えや構想をいうこともあります)トは歯根部がチタン製であることが多く、骨になじんで比較的安定しやすいため、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
インプラン(考えや構想をいうこともあります)ト治療の適用には、頭部のCT検査を初め、多彩な角度からのレントゲン、口腔内検査等、一通りの検査を行ない、治療適用が妥当となっ立ところで治療に取りかかるため安心して治療をうけることが可能です。



一通りの治療が終わったアトは、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば長い間、問題なく使うことが可能になります。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラント治療がすすめられるでしょう。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術をおこない、その後、上部の義歯になる部分を装着します。
保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を要求する方に向いていますよね。

一口にインプラント治療といっても、3ステップあると考えてください。



一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という流れはあなたがた変わりません。どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
ですから、インプラント治療全体では短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
インプラント治療にかかる費用を合計するとインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。



相場は地域によって異なります。
歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。
ここで重視すべきなのはインプラント治療を受けた方からの評価です。



高い費用も、一括払いには限りません。

分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

新たな歯科医療の形として期待がもたれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。



その点は、担当医の技量に加え、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずこうだと言い切れるものではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。痛み止めの薬などを服用して、腫れた部位を冷やすなどしても、なお数日にわたって痛みがつづいているなどの場合は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。


歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
金属の中では、骨との親和性が高い方で金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など多様な検査を実施し、その結果を見て初めて治療開始となるので安全性を確認しながら治療を受けられます。

そして、治療終了後のメンテナンス(保守や点検、整備などをいいます)を欠かさず継続することで安全で、快適な使用が続くことを期待できます。



1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を1回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。


治療後、一見した感じでは、多くのケースではインプラントが良いと言えます。


また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというデメリットも承知してください。人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。


骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など人体への親和性が極めて高い素材を使って造られているためです。ほとんどのインプラント治療は保険が聴かず、ほぼ全額自費とみるべきです。


余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。

インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンス(保守や点検、整備などをいいます)をしなくて良いとは誰も言っていません。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。残存している歯と同様に歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンス(保守や点検、整備などをいいます)を受けてください。
インプラント埋入手術の直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。
人工歯根を埋め込んだことで、その周辺の歯の神経も刺激されたことが要因で時間の経過ともに落ち着くのがほとんどなので、気にせずにください。しかし、原因が他にあることも考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら間を置かず歯科医の診療を受けることに努めましょう。どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終われば後はほっておいて良いワケはなく、アフターケアが寿命を決定します。毎食後に磨きのこしがないようブラッシングしてプラークコントロールを継続した上で定期的な検診を欠かさず継続する必要はずっと続きます。

人工物のインプラントでも、普段のケアができなくなると歯周病などのリスクが増します。