大阪府枚方市南楠葉のかたおか歯科クリニックを紹介

かたおか歯科クリニック

 

住所
大阪府枚方市南楠葉1丁目30-1

 

ホームページ
枚方のインプラントはかたおか歯科クリニックへ

 

 










長年放っておいた虫歯があり、ついに歯を抜かなければならなくなりました。
ブリッジという選択肢もありましたが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、治療を受ける決心がつきました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントにして良かったと思いました。

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。


従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため違和感が比較的少なく、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。


インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。


安易にインプラント治療をはじめることはオススメしません。

治療の選択肢がそれしかない方に適用されます。周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を選択するという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い噛み心地が得られ、ご飯に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。歯科治療の一環として、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。

治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に関わる問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題もあります。こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はともかく慎重に決めてちょうだい。数々のインプラント治療の問題点について、みなさん、入念に調べたと思います。

その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という説があったのではないでしょうか。
それは本当のことではありません。MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を創ることです。当然、金属は磁気に反応して必要な画像が出来ません。



インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応しない性質を持っていてなので、MRI検査には影響ないと考えてちょうだい。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利な治療法であるインプラント。
ですが、留意すべき点もありますね。


最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられる理由ではないという事実です。
糠喜びにならないためにも知っておきましょう。どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、残念ながらインプラントは利用出来ないとの判断になるケースがあり得ます。



そのような場合は別の方法に頼るしかありません。基本的にすべて自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。費用面で、治療を躊躇する方も決して少なくありません。



しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社が作ったローンを利用できる便利な歯科医院も多くなってきました。
手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療に取りかかることはできる状況になっています。

他の生活習慣(規則正しい生活を送り、健康を害する恐れのある習慣は極力排除することが大切です)と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響はすごく大きいというべきでしょう。インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることがその後の治療に関わる重要な問題です。
組織の形成や血液循環に対し、ニコチン(青酸カリよりも毒性が強く、殺虫剤などにも使われています)や一酸化炭素などは相当の妨げになります。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、最低でも手術から治療終了までの間、つらくても禁煙するのが正解です。手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。


麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周辺の歯の神経も刺激されたことが原因で時間の経過ともに落ち着くのが多いです。実は他の問題が隠れていたということもありますので、特に手術後は、異変を感じたら速やかに歯科医の診断を受けることを忘れないでちょうだい。せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口臭を人から指摘されるようになったという件が一部で見られます。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。



これには、歯茎の合間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているケースもあり得るのです。そのようなケースでは、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。


インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。地域によって異なりますし、どのような治療をおこなうかによっても違ってきます。

また歯科医師の評判によっても料金はずいぶん違ってきます。
費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。できればいくつかの歯科医師院を比べ、治療を始めても、決して遅くありません。


歯科医師院決定に大事なのはその歯科医師院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。
近頃は、一括払いだけという歯科医師院は少なく、多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療をうけやすくしています。
インプラント治療による危険性を皆さん、入念に調べ立と思います。



問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという話があったのではないでしょうか。それは気にしないでちょーだい。
MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を創ることです。



金属があれば、そこは乱れて映ります。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属といっても磁気には反応せず、MRI検査への影響はありません。


インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は決して看過できるものではありません。



一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかり繋がることが治療の一大関門となります。周辺組織を回復指せるために、ニコチンも一酸化炭素も確実にマイナスの作用があります。
インプラント治療の成功をねがうなら、治療をうけている間はしっかり禁煙するべきでしょう。
インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、すべてが同じ構造ではなく、各パーツの構成により以下に示す何通りかに分かれています。人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。


そして、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、そのコネクション部分の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。


インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯にはさまざまな形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。
プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特性がありますが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。


綺麗な歯を創るための美的感覚と、それを実現する高い技術を持ち合わせていなければなりません。持ちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、技術的なコストもかかり、従来の金歯よりも高額になるのです。インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

これは、人工物を埋め込んで付近の歯の神経も刺激をうけ、反応し立ためでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが多いです。
実は他の問題が隠れてい立ということもありますから、治療中に異変を感じたら速やかに歯科医師の診断をうけることに努めましょう。忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはたぶんないでしょう。あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もとってつけた感じにならず、他の人に自分から言う必要もないのでこれは義歯だと思われることもまずないと思って良いでしょう。自然な見た目を重視している場合、優先したい治療方法ですね。


インプラントならば、他の人工歯と比べてもしっかりと噛向ことができ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはけっこう大事なメリットの一つです。隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強度を備えています。立とえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。



人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンス(実施しなくても不具合が起きない事を「メンテナンスフリー」ということもあります)は自分の歯より楽とは誰も言っていません。



インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病を引き起こすこともあるのです。残っている自分の歯と同じく、必要なお手入れをきちんと指導して貰い、まずは口腔内をきれいに保ってちょーだい。
その上で、定期的に歯科医師院でメンテナンス(実施しなくても不具合が起きない事を「メンテナンスフリー」ということもあります)をして貰えば完璧です。

これからインプラント治療をうける方にとって重要なのは、自分に合った歯科医師と歯科医師院を捜すことです。


この治療では、すごく特殊な外科的施術をしなければならないためとにかくあまたのインプラント治療にあたってきた経験豊かな歯科医師に診て貰いましょう。また、それに加えて、必要な費用についてきちんと話してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明瞭に答えてくれるといったことも最終的に歯科医師を選ぶ決め手です。