大阪府豊中市玉井町のクローバー歯科クリニックを紹介

クローバー歯科クリニック

 

住所
大阪府豊中市玉井町1-1-1 エトレ豊中

 

ホームページ
インプラント治療なら「クローバー歯科クリニック」へ

 

 












インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れなしで長持ちすると思ったら大ミスです。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のケアで口腔内の清潔を維持してちょうだい。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてちょうだい。歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、極力安静を保って生活を送ってちょうだい。

日常生活では力をかけないように努め、日常生活以上の負荷がかかる運動は当分控えてちょうだい。
血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。
運動を習慣にしている方の場合はいつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などで大聴く歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部を支えとして残すことができれば上からすっぽりとクラウンという義歯をはめられます。抜歯した場合の選択は、もし、入れ歯を採用しない場合、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を適用する可能性があります。


入れ歯や差し歯に変る技術として注目されているインプラント。


その義歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。プラスチックの差し歯とくらべると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必要不可欠です。



いわば一点一点がオーダーメイドですから、インプラントに用いるセラミックの義歯は、金歯や差し歯とくらべても高額になるというワケです。


インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどれだけ痛いだろうと心配になると思います。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛くて我慢できないことはまずありません。


局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから本格的に手術をはじめるためです。術後、腫れがでるのに伴って痛くなってくることもあります。痛み止めは頓服として処方されますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。
インプラントの特長として、噛んだ感じが自分の歯に近く、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、インプラントにして良かった点の一つです。自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、ガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。


骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯は供に、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強いものでもあります。もう、こわごわキシリトールガムを噛向こともないのです。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だと言う事です。


義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントの定着がみられなかった場合、再手術を迫られ、骨を大聴く削り直すことになります。

インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。


他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクをゼロにすることはできません。



どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、もしくは破損など人工歯そのものに関わる失敗、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目を損なってしまう問題もあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。他の歯科治療同様、インプラント治療で大切なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。

最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の技量は厳しく問われるので決定的な違いが出てくると考えられます。


インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法なのは明らかで、歯科医選びに全力を尽くすことが治療全体の大きな部分を占めます。

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、ケアはそこでおわりではありません。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、毎日欠かさずおこなうようにしましょう。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すワケですから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。



失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗し立とき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着指せる治療なので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再度、大がかりな手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。
また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。多くの方にとって、インプラント治療をはじめるとき心配なのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。保険適用のケースはほとんどなく、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によって費用の差が出てきます。また、歯科医院が技術料をどう見るかで相当差が開きます。

また、定期的なメンテナンスも必要点も知っておく必要があります。

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。

失敗するとどうなるかと言うと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものに関わる失敗、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術し立ところが腫れる、痛むという身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題が起きる可能性もあります。失敗の可能性を少しでも下げるためにくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

新たな歯科医療の形として期待がもたれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。



その点は、担当医の技量に加え、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、どうなると言い切ることはできず、人と状況によりけりなのです。担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れ立ところを冷やせば治ることもありますが、腫れや痛みが収まらない場合は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。
インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つのハードルを越えなければなりません。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘っ立ところに埋め込みます。



あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
というのが大まかなプロセスです。どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始からおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえて下さい。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口の臭いが気になるようになったケースが一部で見られます。
これはなぜでしょうか。一つには、インプラントと隣の歯の間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。

そういったケースでは、担当歯科にかかり、早期解決をはかることです。全てのインプラント患者にとって、治療費は総額で幾らか、深刻な問題だと思います。ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院や歯科医によって差があると考えるべきです。この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用設定は歯科医院に完全に任されています。
ただし、おおよそ相場は決まっています。



インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場だと押さえておきましょう。ご存じの通り、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。


全額自己負担が普通ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。
医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に収入から医療費を控除されます。

確定申告をするときの注意点として医療機関で必ず発行している領収書が医療費を払った唯一の証明ですからもらったものはしっかり取っておいて暦年単位で、大切に保管しておきましょう。


初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかも知れません。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。



その為に、歯そのものを抜いてしまうと、差し歯は使ってようがないということです。
それに対して、インプラントと言うのは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。



原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。
実際のところ長く使っている症例は多くないのが現状ですが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本物の歯に匹敵する耐久性があるというケースが増えています。
要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間の使用も問題ありませんが、ケアが十分でなければインプラントの維持が難しくなってしまうと思って下さい。