大阪府茨木市舟木町の上原歯科を紹介

上原歯科

 

住所
大阪府茨木市舟木町8-27

 

ホームページ
インプラント治療なら「上原歯科」へ

 

 











インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、ある程度のリスクを伴う治療です。失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に生じた問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れがつづくといった身体に関する問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまっ立という見た目の問題が起きる可能性もあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。
普通、インプラント埋入手術は日帰りです。
部分麻酔を使うため、全身麻酔になることはほとんどありません。血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備が整っ立ところで手術する必要もあります。そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、大がかりな手術を入院して受けることもあります。これらのケース、その他の困難なケースだったら長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。


インプラントは人工歯なので虫歯の危険性は全くありませんが、歯周病には気をつけてください。
インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はどこまでも続きます。しかし、インプラントを入れ立ところに腫れや出血がみられた場合、歯周病の一種、インプラント周囲炎かも知れません。放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。インプラント治療をはじめる前に治療にかかる費用は気がかりでしょう。
ちょっと調べればわかりますが、治療費は統一されておらず、歯科医院によってずいぶん違っています。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に設定できるのです。ただし、おおよそ相場は決まっています。歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場だと押さえておきましょう。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はまあまあの痛さを想像してしまうでしょう。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛さを心配する必要はありません。



局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから本格的に手術をはじめるためです。麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかも知れませんが痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、我慢できな幾らいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。なぜ適用されないかというと、インプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、時間に見合った医療費がかかります。
もしこの治療が保険適用だったら、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。インプラントが世の中に定着した技術となった本日では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、ご飯の際にグラグラと動いてしまうというケースも稀に報告されています。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことに起因することが多いといえます。

インプラント手術の経験と実績のある歯科を選ぶと良いですね。
インターネットのレビューなども参考になります。

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

それだけでなく、必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止に努めている、治療の見とおし、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも歯科医を決めるためには重要なことです。ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみでおこなうごく一般的なインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、治療の成否に関わる問題です。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてサイト上で公開している歯科医院もどんどん増えているので、真っ先に見ておきたいところです。

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、安堵するのはまだ早いのです。


せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、どうしても自分次第のところがあります。歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるでしょうから、サボらず毎日のケアを行ってください。


日常的な努力を積み重ねることが大事なんです。
さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。



ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるのが普通です。腫れがおさまると違和感は薄れるため違和感を感じてもくれぐれも触らないようここはぐっと我慢してください。ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みや腫れなどがつづく、もしくはひどくなる場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。
ブリッジや入れ歯にくらべ、インプラントではしっかりと噛むことができ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはインプラントにして良かった点の一つです。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れるのではと心配する必要はありません。



インプラント全体も、ガムを噛向くらいでは何ともないくらい丈夫につくられていることはいうまでもありません。


もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。インプラント埋入手術の直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。
考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためで時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどなので、気にしないでください。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、インプラントがなじむまでの間は特に、速やかに歯科医の診断を受けることで早めの対応をしていきましょう。

この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、持ちろん部分麻酔が使われますが、入院して手術することはまれです。
出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術をおこなうこともあります。
そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

これらのどこかに当てはまる方は長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどのくらい痛い手術なのか、気になるものです。
インプラント埋入手術では、術中、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術するのが普通だからです。手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては多少の痛みはあるかも知れませんが頓服の痛み止めが処方されるため長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。インプラント治療を希望する代表例として、失った歯だけの治療で済ませたいなどの願望があるケースです。ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯は義歯の支えになるので、1周削ることになります。これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生出来ます。
周辺の歯に影響を与えたくないと考えている患者さんには、インプラント治療を優先していいかも知れません。一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、原則的には一生持つとされていますが、現実的には、施術後のセルフケアと、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われているのです。



当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。
また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、義歯の耐用年数自体も左右されてしまうのです。これからインプラント治療を初めようと決めても、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。実際のところ、費用の総額は統一されておらず、歯科医院によって大きく異なります。なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。ただし、おおよそ相場は決まっています。インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場です。



現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い初めてから、以前とくらべて息のニオイが気になるという話もままあるようです。

そうなるりゆうとして、インプラントと隣の歯の間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっている可能性も考えられます。
より深刻な事態を食い止めるためにも、放っておかずに診察を受けてください。
他の歯科治療と同じように、インプラントにも様々な点で、失敗が起きる可能性があります。インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目の問題もあります。問題が起こるリスクを軽減するためにも、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。