大阪府大阪市東住吉区針中野のさくら歯科 針中野院を紹介

さくら歯科 針中野院

 

住所
大阪府大阪市東住吉区針中野3-1-30 アクティオーレ針中野101

 

ホームページ
インプラント治療なら「さくら歯科 針中野院」へ

 

 













インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、痛みが落ち着くまでは、安静に生活を送って下さい。
日常生活では力をかけないように努め、明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらく行わないようにしましょう。
傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
運動を毎日のように行っている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておきましょう。
最近よく耳にするインプラントは、虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根部からほぼ元通りになる人工歯づくりを指します。

ブリッジや入れ歯との根本的なちがいとして、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので違和感が比較的少なく、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことが出来るのです。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。


希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずインプラントの埋入まで行けないこともありますね。けれども、そのわけが「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも相当数が治療できるようになってきました。通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことを勧めます。

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。この治療では、すさまじく特殊な外科的施術をしなければならないためあまたの症例を治療してきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。また、できれば治療と費用の関係をクリアにしてくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、どんな指さいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。



歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいと、患者が考えている場合です。


たとえば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。


周辺の歯に影響を与えたくないといった願望がある場合、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。
人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるといわれています。



腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにじっと耐えて下さい。
もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。急患でも診療を受けることが必要です。

歯科治療の現場は日々進化を続けています。近頃は、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなど、問題となる不具合が報告されています。

これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることのせいといえるでしょう。


インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。人工歯根を埋め込んだことで、その付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが多いです。
実は他の問題が隠れていたといったこともありますねから、インプラントがなじむまでの間は特に、すぐに歯科医に連絡することで早めの対応をしていきましょう。



一口にインプラント治療といっても、3つの段階に分けられます。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成といったのがだいたいの流れです。時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで持ちろん、様々なケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、口臭を人から指摘されるようになったといった件が歯科医院ではよく聞かれます。


そうなるわけとして、義歯と歯茎の間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症していることも考えられるので、放置はできません。そのようなケースでは、早期に診察してもらうことが大切です。

どうにもならない虫歯で、抜くしかなくなってしまいました。
このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、このような場合、インプラントにもできますと説明され最終的にインプラントを選びました。ブリッジより高額な治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)で、時間もかかりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。
手術がおわり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)は、あごの骨を掘って、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

それに対し、ブリッジ治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。ですから、見た目を考えればブリッジよりインプラントの方が優位にたちます。
加えて、ブリッジ治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる辛さもあるのです。

入れ歯で食べることに抵抗がある、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラントは最適です。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部の義歯になる部分を装着します。ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。


何よりも見た目の自然さや快適な使用感を要求する方に向いています。
インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根が自分のものであるかどうかです。虫歯などで大聞く歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部がのこせれば上からすっぽりとクラウンをかぶせることが可能です。
これに対し、抜歯した後は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、なくなった歯根の替りに、人工歯根を埋め込むというインプラント治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)が候補となります。



喫煙が、インプラント治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)の成否に及ぼす影響は小さくないと覚悟してください。



インプラント治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが次のステップに進むための条件です。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などはおもったよりマイナスに作用します。快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)が無事終わるまでの間と思って頑張って禁煙に励みましょう。歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)も失敗をゼロにすることはできません。


失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に関わる問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった外見が損なわれる可能性もあります。失敗の可能性を少しでも下げるためにくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

典型的なインプラント治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)は、3つのハードルを越えなければなりません。最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのがだいたいの流れです。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大切です。

インプラント治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)の開始から、本格的な義歯を入れるまでに短めなら三ヶ月程、長いと10ヶ月に渡る治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)期間を要します。

皆さんがインプラント治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)をためらう原因といえば、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。保険適用されることはごくまれで、ほとんど全てが自由(色々なことを制限されていると切望するものです)診療となるのが現状なので、インプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差が出てきます。また、歯科医院が費用を自由(色々なことを制限されていると切望するものです)に決められるので、そこでも思いの外費用は違ってきます。そして、定期検診にも費用がかかってくるという点にも注意が必要です。インプラント治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)を始める前にチェックすることとして、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まず既往症を完全に治しておくのがとても大切です。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方も事故を引き起こす可能性が増します。もちろん、こうした既往症があるだけで治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)不可と決めつけることはできないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

どんな方にもインプラント治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)が良い訳ではありません。治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)の選択肢がそれしかない患者さんに最適な治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)方法になります。


周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)を願望することになるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、自分の歯に近い噛み心地が得られ、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。