大阪府堺市北区北花田町のさくら歯科 北花田院を紹介

さくら歯科 北花田院

 

住所
大阪府堺市北区北花田町3-18-18 ジョイフルフタバ1F

 

ホームページ
インプラント治療なら「さくら歯科 北花田院」へ

 

 










手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間が経つにつれておさまってくるケースが圧倒的に多いです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、治療中に異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることに努めて下さい。どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、他の歯科治療と比べても高額です。場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、ほとんど全て自費診療だというのが費用を押し上げる最大の原因です。
安くできるケースで十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用はその数倍に及ぶことをくれぐれも忘れないでちょーだい。

どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視して欲しいのは歯科医と、歯科医院の決め方です。
この治療では、すごく特殊な外科的施術をしなければならないため症例数が多ければ多いほど良く、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

それだけでなく、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止に努めている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。
顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、その部品の接続構造により、何種類かのタイプがあります。



人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

この2ピースタイプはさらに、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

一口にインプラント治療といっても、段階が大聴く3つに分かれます。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。


人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で二ヵ月、最長で6ヶ月はかかると思ってちょーだい。インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
治療後、一見した感じでは、多くのケースではインプラントが良いと言えます。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという覚悟もしなければなりません。



耐久性の面で、インプラントはどうかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、定期的なメンテナンスが行なわれていれば本物の歯に匹敵する耐久性があるというケースが増えています。とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間トラブルなく使うことも可能ですが、日頃のケアが行き届かないと維持できなくなる異常も起こりうるということを肝に銘じておくべきです。インプラント治療の成果を左右する生活習慣(健康のために改善する場合には、まず食生活と嗜好品の摂取、睡眠、入浴などを見直すことが多いでしょう)はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は無視できないものがあります。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の成否を分けます。そのプロセスにおいて、タバコにふくまれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は相当の妨げになります。


この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、治療を受けている間はしっかり禁煙するべきでしょう。
インプラントの技術が確立されてきた現在では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それも皆無とはいきません。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、噛んでいるとグラグラしてしまうなどといったトラブルの事例もあるみたいです。



沿うした不具合は、歯科医の技術・経験不足の影響が多分にあります。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医を選ぶことが大切だと言えますね。
人工歯としてのインプラントは虫歯の危険性は全くありませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。



インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大切で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングを忘れることはできません。


けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。自然に治ることはありませんので、1日でも早く歯科医の診療を受けて下さい。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療の一大関門となります。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などがまあまあマイナスに作用します。この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、治療をうけている間はしっかり禁煙するべきでしょう。

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。


部分麻酔を使うため、入院することはめったにありません。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院して手術するケースも実際にあります。
自分が当て嵌まるという方は、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。
インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持っ立ため周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが圧倒的に多いです。実は他の問題が隠れていたということもありますから、治療中に異変を感じたら間を置かず歯科医の診療をうけることが治療を成功指せるために必要です。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。


外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材から作られています。インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費を覚悟しましょう。
経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が治療や手術への心配がなくなるでしょう。



いろいろな事情からインプラント治療を初めるでしょうが、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院それぞれで大聴く異なります。


この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用設定は歯科医院に完全に任されています。
大まかな相場はありますので、心配しないでください。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場です。どんなケースであっても、インプラント治療をうける際に重視して欲しいのは歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
この治療では、まあまあ特殊な外科的施術をしなければならないためイロイロな症例を診てきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。また、できれば必要な費用についてしっかりと話してくれる、院内感染防止に努めている、治療の見とおし、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。
忘れてはいけないこととして、インプラント治療を初める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくことを忘れないでください。美容整形(韓国では、日本ほど抵抗感がないそうです)で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療にまあまあの危険が伴います。最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とのコミュニケーションが何より大切です。インプラント埋入は外科手術なので、術後は手術箇所が落ち着くように、安静に生活するよう気をつけてください。


普段よりも静かに過ごすようにして日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらくの間は控えましょう。
傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。運動を習慣にしている方の場合は再開する時期を、歯科医と話し合って共通理解しておくといいかもしれませんね。



ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の負担が重くのしかかる方も多いのが当然です。
クレジットカード利用ができる歯科医院や、いわゆるデンタルローンのような分割払いに申し込める歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療の開始はできるケースが増えました。虫歯をひどくしてしまい、とうとう抜歯を迫られました。
隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがこのような場合、インプラントにもできますと説明され最終的にインプラントを選びました。
ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われていてました。

治療後、噛めるようになると、ほどなく違和感なく噛むことが出来るようになって歯医者さんに言われたとおりだと思いました。