大阪府吹田市山田東のまつもと歯科を紹介

まつもと歯科

 

住所
大阪府吹田市山田東2-1-1

 

ホームページ
吹田市のインプラントはまつもと歯科

 

 













インプラント治療を初める前に、費用を調べておきましょう。
この治療は治療費を確保してから初めなければなりません。



この治療が保険適用になるのはごく少数例で、普通のケースではまず適用されず普通は治療の全てが自費になるのが負担が大聞くなる原因です。安くできるケースで十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用が数倍にもなる可能性があることを承知しておく必要があります。
代表的なインプラント適用のケースは、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないと、患者が考えている場合です。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯を直接再生する治療と言えます。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると希望があるケースではインプラント治療を優先して良いでしょう。インプラントの特性として、自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはインプラントにして良かった点の一つです。隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはないですよね。インプラント全体も、ガムを噛向くらいでは何ともないくらい強度を備えています。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。


インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用が負担となる方もおもったよりいるようです。しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、いわゆるデンタルローンのような独自の分割払いを取り入れた歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。費用全てを現金で一度に支払えなくても、受けたい治療を受けることができる状況になっています。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前はしなかった口臭がするようになったということも割と少なくないようです。


そうなる理由として、インプラントと隣の歯の間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているという可能性もあるのです。
そのようなケースでは、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。
インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスは自分の歯より楽とは誰も言っていません。


傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病を引き起こす事もあるためす。残存している歯と同様に必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。どんな方にもインプラント治療が良いりゆうではないですよね。
多彩な事情から、他の治療が受けられない方に適用されます。周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどで必然的にインプラント治療になるというのが、多くの患者さんの実態です。



インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地は自分の歯に近く噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。


他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクはあります。


では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものの問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの審美的な問題が起こることもあります。こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。

最大のデメリットは費用が高額になることです。難しいケースでは数十万円かかることもあり得ます。
そして、治療にエラーや失敗があると健康被害が起きると、おもったより深刻化する危険性も承知しておいてください。まれな症例として、死亡事故も実際に報告されています。理由は色々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればまだあきらめなくて良いかも知れません。歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があったら以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療は決して不可能ではないですよね。よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。

一本のインプラント治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)にかかる費用はインプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。地域によって異なりますし、どのような治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を行うかによっても違ってきます。また歯科医の評判によっても料金はずいぶん違ってきます。
治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を初めても、決して遅くありません。歯科医院決定に大切なのは実際にインプラント治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を受けてどうだったか、その評判です。


多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を受けやすくしています。
歯科治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)は全て同じですが、インプラント治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)は治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)が終われば後はほっておいて良いワケはなく、日々のケアが欠かせません。毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールに注意を払い、さらに定期的な検診を欠かさず継続することを続けなければなりません。どんな堅牢なインプラントでも、ケアが行き届かなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。
手術して人工歯根を埋め込んだ後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間の経過伴に落ち着くのがほとんどなので、気にしないでください。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことを忘れないでください。

簡単にインプラントとクラウンのちがいを述べるなら、歯根が自分のものであるかどうかです。差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部がのこせれば上からすっぽりとクラウンと呼ばれている義歯をはめ込んでいけます。

その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を適用する可能性があります。

インプラント治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を考えている方に知っておいて欲しいことですが、治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)中でも、治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)後もそれとわかることはまずないと考えてください。一見し立ところ、自分の歯と同じくらい自然な印象を与えるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければこれは義歯だと思われることも考えなくて良いのです。
自然な見た目を重視している場合、優先したい治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)方法ですね。歯を抜い立ところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。しかし、この治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)法も決して万能ではなく、難点もあるということに気を付けてください。

それは何より、インプラント治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を受けることができないケースもあるということです。
これは重要な事実です。



いくつか例を挙げると、ガンで治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、歯科医院でインプラント治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)の適用は不可能と判断されてしまうかもしれません。
これはインプラント治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)が最適、とされるのは失った歯だけの治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)で済ませたいといったケースです。
たとえば、ブリッジ治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)をするためには義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。これに対しインプラント治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯を直接再生する治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)と言えます。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという願望がある場合、インプラント治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を優先して良いでしょう。
混同されることの多いインプラントと差し歯。何がちがうのでしょうか。
まず、差し歯というのは、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。当然、歯が全く残っていない状態では、埋め込む所がないので使えません。



一方、インプラントは原理が全く異なります。


これは、インプラント体などと呼ばれている人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも施術が可能なのがインプラントの特性ということになります。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがいわゆるインプラント治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)では、あごの骨に小さな穴を開けて、そこへ人工歯根を埋め込み、固定され立ところで義歯をつけます。

それに対し、ブリッジ治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。見た目の問題を考えればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が高い評価を得るでしょう。加えて、ブリッジ治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。

歯科治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどれだけ痛いだろうと心配になると思います。インプラント埋入手術では、術中、痛さを心配する必要はありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて本格的に手術を初めるためです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みが出てくるケースもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので長い間痛みに苦し向ことはほとんどないと言えます。