大阪市中央区南船場の井上歯科を紹介

井上歯科

 

住所
大阪市中央区南船場3-11-18 郵政福祉心斎橋ビル2F

 

ホームページ
インプラント治療なら「井上歯科」へ

 

 

 










歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗してもやり直しできないことが多い点です。他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯とちがう点として、人工歯根とあごの骨を結合指せてしまうので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントの定着がみられなかった場合、普通は再手術しか手段はなく、骨を大聞く削り直すことになります。埋入するのもリスクがあって、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

インプラント治療も医療行為ですが、保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできるでしょう。



確定申告することで初めて、医療費控除の対象になり税金の還付を申告します。確定申告で忘れてはならないのは歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費の支払い証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。



金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。
骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材から作られています。
健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、ほぼ全額自費とみるべきです。もし金属アレルギーの不安があればアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安や誤解がないでしょう。費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。
実際のところ長く使っている症例は多くないのが現状ですが、治療後のメンテナンス次第で本物の歯に匹敵する耐久性があるとされています。


要するに、メンテナンスがしっかり行なわれていれば長期間トラブルなく使うことも可能ですが、日頃のケアが行き届かないと維持できなくなる異常も起こりうるということを肝に銘じておくべきです。がんばって終わらせたインプラント治療も、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。デンタルケアを欠かさないことが重要です。

日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールは欠かせませんし、定期的な検診を欠かさず継続することが欠かせません。



人工物のインプラントでも、ケアが行き届かなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。多様な条件を考え合わせた上で、インプラント治療をうけることを決めたと思いますが、大切なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。治療に必要な技術を身につけていることは持ちろんですが、手術前の検査や、治療方針のたて方、アフターケアなど歯科医の腕次第で相当な差があると考えるべきでしょう。


この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大聞く左右する治療法だということを理解してください。

歯科医選びに全力を尽くすことが治療の成否を決めるのです。インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に頼るしかなければ、海外に渡ってでも治療をうけるというのもありえます。インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。



インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには決してあきらめてはいけません。


できるだけ幅広く情報収拾することが夢をかなえるためには大事です。



インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医の指示に従ってメンテナンスをうけなければならず当然、その度に費用を支払います。標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診をうけるように言われます。

この定期検診に必要なお金は保険が聞く治療がほとんどなので、たいていは三千円程度に収まります。特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円のお金がかかると見積もっておきましょう。



入れ歯の装着に違和感があるという方、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に適用されるのがインプラント治療です。
あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつける治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

どうしても外見や噛み心地を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。



よく耳にするようになったインプラントは、どういう治療かというと、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。



入れ歯などの方法と比べると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができるでしょう。この最新の治療法には、歯科医を初め、歯科技工士などのスタッフの洗練されたセンスとスキルを欠かすことは出来ません。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということです。いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

インプラントの定着には長い時間が掛かるのですが、それが終わっても、ケアはそこでオワリではありません。


せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。劣化指せないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、必ず守るようにしてちょうだい。
日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、異常に気付くのも遅くなります。
治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてちょうだい。

基本的にすべて自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。
高額の費用が負担となる方もまだまだ多いのです。しかし、クレジットカードの分割払いや、一例として、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローン商品を使える歯科医院が増えています。治療開始時に費用をすべて現金で用意できなくても、自分が願望する治療を始めることはできる状況になっています。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療はオワリですが、定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその都度、費用がかかります。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。


定期検診にかかるお金は基本的に保険が適用されるのでたいていは三千円程度に収まります。



普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。


入れ歯や差し歯に変る新たな技術と言われるインプラント。


使用年数は普通にしていれば一生物などと言われますが、無論ただ施術すれば良いというようなものではなく、その後のメンテナンスや歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。
ろくに歯磨きもしないでいると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなってしまいます。

現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、すべての人に治療しているわけではなくレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。


ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば決してあきらめる必要はありません。

最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも相当数が治療できるようになってきました。

よくしらべて、最先端の治療が受けられる歯科医院を捜すことが必要です。
数々のインプラント治療の問題点について、聞いたことがあると思っております。その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という話があったのではないかと思います。


それはちがいます。
磁気を当てて画像をつくるのがMRIなので、身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応しない性質を持っていて検査で問題になることはまずありません。
どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。

いろいろな事情から、他の治療が受けられない方にすすめられる治療なのです。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラントしかないとされるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。


インプラントは入れ歯に比べ、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

どんな治療法にもリスク(なんとなく、行動することによって危険性があるような気がしますが、実は行動しないことによる危険もあります)や問題はありますが、インプラント治療の最大のリスク(なんとなく、行動することによって危険性があるような気がしますが、実は行動しないことによる危険もあります)はもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着指せる治療なのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再手術を迫られ、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。



インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分周辺の神経損傷というリスク(なんとなく、行動することによって危険性があるような気がしますが、実は行動しないことによる危険もあります)もあるのです。



よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。入れ歯などの方法と比べると、見た目もキレイですし、ご飯も格段にしやすくなっています。



この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツをつくる歯科技工士の卓越した技術が必須といえるでしょう。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。
他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は無視できないものがあります。インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療成功の絶対条件となります。周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定指せるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。


インプラント治療の成功をねがうなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではつらくても禁煙するのが正解です。