大阪府淀川区西三国のかずデンタルクリニックを紹介

かずデンタルクリニック

 

住所
大阪府淀川区西三国4丁目1-1 アーバンハイム川103

 

ホームページ
三国市のかずデンタルクリニック

 

 











価格の高い治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。

保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを入れるという一連の治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とまあまあの手間がかかるためです。インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、トータルの治療費用は高額になってきます。

これを保険適用にしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

相場は地域によって異なります。歯科医院の規模や、歯科医の評判も料金はずいぶん違ってきます。事前に見積もりを出して貰うことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療を始めても、決して遅くありません。


ここで重視すべきなのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。
何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。これはインプラント治療が最適、とされるのは失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすればブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働聞かける治療と言えます。

周辺の歯に影響を与えたくないと考えている患者さんには、インプラント治療を優先して良いと思います。インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。


麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持っ立ため周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどなので、気にしないで頂戴。しかし、原因が他にあることも考えられるので、治療中に異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することを心がけて頂戴。歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすのが無難です。
日常生活では力をかけないように努め、日常生活以上の負荷がかかる運動は当分控えて頂戴。
血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。日頃から運動をしている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って共通理解しておくと良いと思います。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、金属の中では、骨との親和性が高い方で身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。
インプラント治療の適用には、頭部のCT検査を初め、さまざまな角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を一通り行い、治療方針を決めてから初めて治療開始となるので納得した上で治療を始められます。
それから、治療後には、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全で、快適な使用がつづくことを期待できます。インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

全身麻酔になることはほとんどありません。出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院して手術しなければならないケースもあります。


あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。腸骨など自家骨の移植手術だったら入院することや、複数の病院で手術することもあります。これらのどこかに当てはまる方は治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、当然ながらデメリットもあります。


第一に、費用は他の歯科治療より高額です。高くついた場合、数十万円にもなるケースもまれではありません。加えて、治療が失敗して取り返しがつかない健康被害が起きるリスクも背負っています。障害を負うにとどまらず、死亡事故も実際に報告されています。インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、価格の高い負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。
保険適用のケースはほとんどなく、ほとんどすべてが自由診療となるのが現状なので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても一概に費用を決められませんし、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることも事実です。そして、定期検診にも費用がかかってくることも念頭に置きましょう。


手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても歯科医の指示に従ってメンテナンスをうけなければならず異常がなくても維持費は必要になります。多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医に診て貰うことになります。この定期検診に必要なお金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいと考えて頂戴。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を用意しておきましょう。

虫歯がすごく悪化して、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのだそうです。
ブリッジという選択肢もありましたが、このような場合、インプラントにも出来ますと説明され自分の気持ちが固まりました。保険が聴かないため、高額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。


インプラントで噛むようになり、しばらくして噛んだときの違和感がなくなってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。

本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医でないとできないなら、海外で治療をうけるという手段もあります。インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけていますね。長期間快適に使える歯を手に入れるため、そう簡単に断念せず、できるだけ幅広く情報蒐集するしかありません。


いろいろな条件によって、インプラント適用になるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨の幅が足りない」ということならばまだあきらめなくて良いかもしれません。



最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればすごく困難なケースでも治療ができるようになっていますね。

よく調べて、最先端の治療がうけられる歯科医院を探すことを勧めます。



インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つのハードルを越えなければなりません。一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
というのがだいたいの流れです。どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでであごの骨の状態や、その人の体質にも左右されるでしょうが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってちょうだい。このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は他の歯科治療とくらべても高額です。
健康保険が使えることもまれにありますが、普通のケースではまず適用されず自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原因です。現状では最低線が十数万円、難しいケースではその数倍の出費もあることを承知しておく必要があります。


現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用が負担となる方もずいぶん見うけます。

しかし、クレジットカードの分割払いや、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローンで支払いができる融通の利く歯科医院が多くなりました。
現金で費用を一括払いする必要なく、治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという患者の希望がある場合です。
ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯は義歯の支えになるため、一周削ることになります。

これが、インプラントの埋入なら失った歯だけを根元から再生する治療になります。



両隣の歯は健常なので、削りたくないという事情のケースなら、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思いますね。歯科治療のインプラントとブリッジ、どこがちがうかといえば、いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着い立ところで上に義歯をつけます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのだそうです。



口を開け立ところを見ればブリッジよりインプラントの方が優るというべきでしょう。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛い面があります。今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。
骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーも起こりにくいとされていますね。インプラント治療の適用には、頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)部のCT検査を始め、いろいろな角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的に治療をすすめていくので納得した上で治療を始められます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを欠かさず継続することで安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、ある程度のリスクを伴う治療です。

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど審美的な問題が起こることもあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。