大阪市都島区友渕町のあいはら歯科・矯正歯科を紹介

あいはら歯科・矯正歯科

 

住所
大阪市都島区友渕町3-1-28

 

ホームページ
都島の歯科はあいはら歯科・矯正歯科

 

 










この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、持ちろん部分麻酔が使われますが、入院して手術することはまれです。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。



また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。


腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
これらのどこかに当てはまる方は信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってちょうだい。


理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨の幅が足りない」ということならばまだあきらめなくて良いかも知れません。



最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療は決して不可能ではないんです。通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を調べ、 相談してちょうだい。全てのインプラント患者にとって、治療費が気になるのは当然です。現実には、治療費といっても歯科医院それぞれで幅があるのが普通です。

保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用設定は歯科医院に完全に任されています。それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。
インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場だと押さえておいた方がいいかもしれません。みんなが気にしているインプラントの耐久性は、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保つと考えていいようです。


そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期にわたって維持できますが、セルフケアの手を緩めると歯周病など、異常が起こることがあると考えなければなりません。
多くのメリットを知られるインプラント治療。
でも、そのマイナス面も知らなければなりません。



最大のデメリットは費用が高額になることです。高くついた場合、数十万円にもなることもあり得ます。アトは、治療が失敗したとき、障害が残るような健康被害も起こりうる危険性も承知しておいてちょうだい。
本当に深刻な例では、死亡事故も実際に報告されています。インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどんな痛い手術なのだろうと思うかも知れません。

どこの歯科医の手術でも、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから埋入手術を始めるためです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によってだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医でないとできないなら、国外までも捜しにいくというのもありえます。
北欧諸国はインプラント先進国といわれ、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。



インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには安易に妥協せず、出来る限りの情報を手に入れることが夢をかなえるためには大事です。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはインプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材でできているからです。
インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。
全額自費が当たり前のため、経済的負担は大聴くなります。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が一番いいかも知れません。インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用を一度に用意できない方も決して少なくありません。
しかし、クレジットカードの分割払いや、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローン商品を使える便利な歯科医院も多くなってきました。費用全てを現金で一度に支払えなくても、治療を始めることはできる状況になっています。歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯に影響を及ぼしたくないと、患者が考えている場合です。



ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を削って支えをつくらなければなりませんが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、該当する歯の分だけ治療することになります。周辺の歯に影響を与えたくないという希望がある場合、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

他の歯科治療と、インプラント治療が大聞く異なるのは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントが定着しなければ普通は再手術しか手段はなく、はじめの手術時より、大聞く骨を削る羽目になります。埋入するのもリスクがあって、手術時に神経を損傷する危険を伴います。
歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、失った歯だけの治療で済ませたいといったケースです。ブリッジ治療で考えると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。


インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯のみにはたらきかける治療と言えます。両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという希望がある方には歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。
インプラント治療を検討している方、大切なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前におこなう検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の腕次第で相当な差があると考えるべきでしょう。この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大聞く左右する治療法なのは明らかで、できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

ほとんどのケースは保険適用(国民健康保険と厚生年金保険が一般的ですが、それ以外にも船員保険など複数の種類があります)外で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差はすさまじくありますし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも相当差が開きます。
加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかることも念頭に置きましょう。インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、大きな3つの関門があるのです。まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。


それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという流れはあなたがた変わりません。長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、最短で3ヵ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくる訳です。
歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根部からほぼ元通りになる人工の歯を作ることだと考えてちょうだい。インプラントはブリッジや入れ歯とは全くちがう治療法です。

インプラントだと人工歯根を骨に埋め込むことによって強度や使用感が天然歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費が高額になることは問題点です。

人工歯としてのインプラントはしっかりと噛むことが出来て、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもありがたみを実感する点です。両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムと共に歯が取れるというトラブルはまずありません。
インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともな幾らいしっかりした構造になっています。


どんなガムでも、持ちろんキシリトールガムも平気で噛めます。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療はブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんに最適な治療方法になります。


周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラントしかないとされるという患者さんに適用されるのが普通です。

入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地は自分の歯に近く噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に頼るしかなければ、海外で治療を受けるというのもありえます。



インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。


長期間快適に使える歯を手に入れるため、安易に妥協せず、できる限りの情報を手に入れるのが成就への第一歩です。

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の負担が重くのしかかる方もすさまじくいるようです。しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、たとえば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローンで支払いができる便利な歯科医院も多くなってきましたね。現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療に取りかかることはできるケースが増えました。