大阪府寝屋川市香里南之町の坂井歯科医院を紹介

坂井歯科医院

 

住所
大阪府寝屋川市香里南之町16-15 JAビル香里3F

 

ホームページ
京阪香里園駅★痛くないインプラント治療★

 

 










ごく普通の歯科医院で、外来診療をうけてのよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。治療をうける歯科医院を選ぶときは、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることがキーポイントの一つです。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ内で述べている歯科医院もごく普通になっていますから、まずはそこを見てちょーだい。ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の負担が重くのしかかる方も多いのが当然です。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどの名前をつけて分割払いに申し込める便利な歯科医院も多くなってきました。
手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療の開始はできる状況になっています。



入れ歯の装着に違和感があるという方、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとって選択肢としてインプラント治療があります。
チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、費用がかかることは確かですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。どうしても外見や噛み心地を要求する方に向いています。


皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費の高さは重要な問題ですね。実は、かかる費用は歯科医院や歯科医によって大きく異なります。
何知ろ、ほとんどが自由診療なので、費用設定は歯科医院に完全に任されています。


それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っていますから、相場がだいたい決まってくるでしょう。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的です。


インプラントならば、他の人工歯とくらべても噛んだ感じがあなたの歯に近く、あなたの歯のように安心してガムを噛めるのもまた嬉しいですね。


ブリッジのように、上から人工歯をかぶせていますからはなくインプラントの根元はあごの骨に埋まっていますから歯が取れるのではと心配する必要はありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響をうけないほどにしっかりした構造になっています。もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのは必須です。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も治療にとってもの危険が伴います。

今は、このような病歴があるからといって治療できないといわれる可能性は低いためまずは歯科医に全て話しておきましょう。
どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療はとってもの費用を要することは確かです。ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。



自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原因です。
どんなに安い治療を選んでも十数万円、高価な材質を選ぶなどで治療全体で、その数倍の費用が必要になることを重々承知しておいてちょーだい。
手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるといわれています。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので違和感を感じてもくれぐれも触らないよう歯みがきも気をつけてちょーだい。ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、その原因を究明し、対応することがもとめられます。



大至急歯科医にかかってちょーだい。歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きなちがいは、歯根があなたのものであるかどうかです。



虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部がのこせれば冠状の義歯としてクラウンといわれている義歯をはめ込んでいけます。



これに対し、抜歯した後は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を選ぶこともできるのです。


どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に出会おうとすれば、日本だけでなく、海外の歯科医を捜すというのもありえます。北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、可能性を追求して、まずもって、情報集めに全力を尽くすことを頑張ってみましょう。

わけは様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。


しかし、わけとして「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨の幅が足りない」ということならば決してあきらめる必要はありません。


歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があったらすごく困難なケースでも治療は決して不可能ではありません。現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことが必要です。インプラント治療は、まず何が大切かというと、歯科医と、歯科医院の決め方です。

この治療では、すごく特殊な外科的施術をしなければならないためとにかくたくさんのインプラント治療にあたってきた経験をもつ歯科医の診療を受けるようにしましょう。それはもちろんのこと、費用面での疑問に応えてくれる、きちんと感染症対策がなされている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。



インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、ケアはそこでおわりではありません。
インプラントの状態を生涯に渡って保てるかどうかは、どうしても自分次第のところがあります。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれるでしょうから、毎日欠かさず行うようにしましょう。日常的な努力を積み重ねることが大切なんです。

加えて、自分の歯の神経ではなくなるはずですから、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。

担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。インプラント治療を考えている方に知っておいて欲しいことですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることは本当に少ないという点です。

一見したところ、自分の歯と同じくらいとってつけた感じにならず、他の人に自分から言う必要もないので義歯だと気づかれることも考えなくて良いのです。


前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療方法を選ぶべきでしょう。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。
人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使って造られているためです。
ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費を覚悟しましょう。



経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を初める前に歯科医に話しておくとベストだと思います。最近よくきくようになったインプラント。



差し歯とはどうちがうのか見てみましょう。差し歯は文字通り、歯に差し込むでしょう。つまり、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるでしょう。



当然、歯が全く残っていない状態では、利用することは不可能です。

さて、そこでインプラントですが、これはインプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。



骨との親和性が高くアレルギーも起こりにくいとされています。

もちろん、治療を初める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を綿密に行ない、その上で治療方針を決めて本格的な治療がスタートするので患者も納得し、安心して治療を開始できます。
治療が終わったところで、重要なメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できるのです。



治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院して手術することはまれです。


出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備が整ったところで手術する必要もあります。また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

これらのどこかに当てはまる方は治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。



これはインプラント治療が最適、とされるのは失った歯だけの治療で済ませたいなどの願望があるケースです。


ブリッジ治療で考えると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。


インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみにはたらきかける治療と言えます。周辺の歯に影響を与えたくないという事情のケースなら、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。


言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちすると思ったら大間違いなのです。義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病を引き起こすこともあるのです。



インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医や衛生士の指導に従って、完璧なセルフケアを目指してください。



その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。